Tポイントカードをアプリに登録する方法を徹底解説!モバイルTカード・ダウンロード

モバイルTカード スマホに登録する方法 スマホアプリ
スポンサーリンク

ポイントカードは数が増えれば増えるほど財布が圧迫してしまいます。しかし、スマホのアプリを活用すれば、カードを持ち歩く必要はありません。

本記事では、Tポイントカードをスマホで使うモバイルTカードの登録方法を紹介します。モバイルTカードの登録方法は「Yahoo! JAPAN ID」「電話&カメラスキャン」の2種類の方法から選ぶことが可能です。

モバイルTカードではTポイントを貯めるだけでなく、ポイントを使うこともできます。

さらに、お得なキャンペーンにも参加できるのでおすすめです。

画像付きで登録方法をまとめたので、実際にやり方を見ながら一緒にモバイルTカードの利用を始めましょう!

スポンサーリンク

モバイルTカードとは?

モバイルTカードとは、スマートフォンがTカード代わりに使えるサービスのことで、バーコード型おサイフケータイ型の2種類があります。

バーコード型は、レジで店員にアプリのバーコード画面を提示して、スキャンしてもらうことでポイントを獲得できる方法です。

おサイフケータイ型は、事前に端末内にTカード番号を登録して、店頭の専用端末ICリーダーライターにかざすことでポイントを獲得できます。

おサイフケータイ型を使うには、おサイフケータイに対応したスマートフォンが必要になるので注意しましょう。

スポンサーリンク

Tポイントカードをスマホに登録する方法

ここでは、アプリをダウンロードする方法から、バーコード型を利用できるようになるまでの手順を画像付きで紹介します。

Tポイントカードをスマホに登録する方法は、全部で3ステップです!

  1. STEP1.Tポイントアプリをダウンロード
  2. STEP2.Tカードをアプリに登録
  3. STEP3.登録完了!

登録方法は難しくはないので、スマホを使い始めたばかりの人も一緒にTカードを登録してみましょう!

【STEP 1】Tポイントアプリをダウンロード

最初に、Apple StoreまたはGoogle Playからアプリをダウンロードしましょう。

■Apple Storeでアプリを入手

■Google Payでアプリを入手
Tポイント
Tポイント
Price: To be announced
  • Tポイント Screenshot
  • Tポイント Screenshot
  • Tポイント Screenshot
  • Tポイント Screenshot

私の利用端末はiPhoneなので、Apple Storeからの利用方法を紹介します!

まず、ホーム画面にあるApple Storeアプリをタップして、検索キーワード欄に「Tカード」または「Tポイント」を入れて検索しましょう。

Tポイントアプリ

上位に出てきたTポイントアプリをタップし、「入手」ボタンを押してアプリを導入します。

アプリを起動すると、Tポイントアプリでできることが3ページ程度現れるので、軽く目を通しましょう。

「アプリを始める」をタップすると利用規約に同意を求められるポップアップが表示されます。

利用規約を確認したら「同意する」をタップして次の画面へ進みましょう。

【STEP 2】Tカードをアプリに登録

利用規約に同意すると、Tカードを登録する選択画面に遷移します。

Tカードをアプリに登録する方法は「Yahoo!JAPAN ID」「電話&カメラスキャン」の2種類から選べます。

Yahoo! JAPAN IDを保有している人は、Tカードを連携させているYahoo! JAPANアカウントにログインしましょう。保有していない場合は、Yahoo! JAPANアカウントにログインしてTカードの連携を行ってください。

ここでは、1番簡単なカメラ&電話でTカードを登録する方法を紹介しますね!

カメラ&電話で登録

「スマホから発信してログイン」をタップすると、次の画面に遷移します。

Tカード番号を手入力するのも良いですが、打ち間違えの心配があるのでカメラスキャン機能を活用しましょう。

入力欄の右側にあるカメラdeスキャンアイコンをタップしてください。

カメラのアクセス権限を求められたら「OK」をタップしましょう。

上記のようにTカードの写真を撮影し、「写真を使用」をタップすると自動で番号を読み取ってくれます。

ピンボケしていると上手く読み取れない場合があるので、キレイに撮影をしましょう!

撮影を終えるとTカード番号が自動で入力され、チェックマークが現れます。

無事に読み取れている証拠なので、次の「Tカード認証ダイヤル」をタップして電話発信してください。

発信すると、自動音声ガイダンスが11秒ほど流れますが、とくにボタン操作を求められることありません。

自動音声ガイダンスの電話が切れたら「規約に同意して次へ」をタップしましょう。

【STEP 3】登録完了!

登録後に通知許可のポップアップが表示されます。

とくにこだわりがなければ許可しなくても利用することはできますが、お得情報を逃したくない場合は通知設定をしておきましょう!通知設定はいつでも変えられるのでここは好みで選んでくださいね。

通知許可を行うと、次に位置情報 許可のポップアップが表示されます。


位置情報を許可しておくと、現在地から近い利用可能の店舗案内を見ることができます。移動先で確認したいときは許可しておくと便利です。

私は普段「Appの使用中は許可」を選択していますよ!

位置情報の許可を選択し終えると、Tカード番号の登録は完了です!

画面下部の中央にある丸いボタンがバーコード画面を表示させるタブになります。基本的にはアプリ起動時の最初に表示されるので、レジ前でもモタモタする心配はありません。

さらにスマホの明かりを暗くしている場合、バーコード部分をタップすると自動で明かりがマックスになります。

わざわざコントロールセンターから明かり調整する手間もかからないので便利ですよ!

また、モバイルTカードはポイントを貯める・使うだけでなく、さまざまなサービス情報が詰まっているので賢くTポイントを貯めたい人は活用することをおすすめします。

スポンサーリンク

「貯める・使う」タブでお得にTポイントを活用!

「貯める・使う」タブでは、商品クーポンやくじを引いて高額ポイントを獲得するといったキャンペーンに参加できます。

とくに、Tポイント提携店舗を利用する頻度が多い場合は、商品を買ってスタンプを貯めることをおすすめします。

理由としては、貯めたポイントを使って応募すると応募後すぐにTポイントが付与されるからです。

また、ミニゲームでポイントを貯めることもできるので、コツコツTポイントを貯めたい人は毎日利用すると良いでしょう。

「お知らせ」タブで最新情報をゲット!

「お知らせ」タブでは、最新のキャンペーンやクーポン、サービス内容が掲載されています。

お得情報が掲載されることもあるので、定期的に確認しておきましょう!

「買ったモノ」タブで商品レビュー!

「買ったモノ」タブでは、自分が利用した店舗名や商品名、当月に利用した金額が確認できます。

買った商品に対してレビュー・評価はもちろん、新商品のチェックもできるので便利ですよ!

さらに、ランキングシステムが採用されているので、クチコミやレビュー、評価をするとランキングに掲載されます。

いいね数やフォロワー数、クチコミ投稿数によってユーザーレベルがぐんぐん上がるので、Tポイントを貯めるついでに「カッテミル」でクチコミしてみてはいかがでしょうか!

「マイページ」タブで履歴チェック!

「マイページ」タブでは、Tカード番号やポイント履歴、T会員ランク、お客さま情報など様々な情報が確認できます。

Yahoo! JAPAN IDの登録もここから行うことができますよ!

まとめ

どうでしたか?

無事にTポイントカードをスマホに登録することはできましたでしょうか。

モバイルTカードはTポイントアプリだけでなく、「TSUTAYAアプリ」「ファミペイアプリ」「ウエルシアグループアプリxTポイント」「東武ストアアプリ」「LINE Pay」「PayPay」「すかいらーくアプリ」「エディオンアプリ」など様々なアプリにTカードを登録することができます。

普段使っているポイントアプリがあれば、Tカードを登録してスマホからポイントを貯めましょう!

タイトルとURLをコピーしました