【体験談】安くヘアカラーできるカラーモデルとは?料金などの価格帯・注意点

ヘアカラーモデル_料金_注意点 ライフハック
スポンサーリンク

髪の毛を染めている人で、ブリーチをしている人はとくに色落ちに敏感ではないでしょうか?

定期的に美容院へ通って染め直しをする必要もあるので、月の支払いも高くつくのは生活面でも大変ですよね。

もし、とにかく安く済ませたい!という人はカラーモデルを希望するのも選択肢の1つです。

今回は、実際に私がSNSで見つけたカラーモデル募集に参加した内容を紹介していきます。

カラーモデルに興味がある人、参加したいけど不安……という人はこの記事を読んで参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

そもそもカラーモデルって何?

疑問

カラーモデルとは、美容院のスタッフが技術向上のためにヘアカラーの練習を手伝う人材のこと。

美容院によっては、ホットペッパービューティやホームページに掲載する写真撮影を求められる場合もあります。

カラーモデルは、美容院側が依頼しているので通常の料金よりもかなり低価格でヘアカラーができるメリットもありますが、実際の髪の毛を使ってスタッフがカラーリングをするので、もちろん失敗をする可能性もあります。

しかし、美容師さんによっては暦の長いスタッフが担当をすることもあるので、カラーモデルの募集に注意していれば比較的低リスクで安くお得にヘアカラーができますよ!

もし、カラーモデルを希望する場合は、以下の内容を事前に確認してから連絡することをおすすめします

  1. SNSでの募集なら店舗名を確認
  2. スタッフ名がHPなどに記載されているか確認
  3. 料金を確認
  4. カラーモデル参加日

カラーモデルの募集はSNSがもっとも多くありますが、本当の募集かどうかは実際に店舗で会うまで分かりません。

それにSNSを使った募集は手軽で便利なものの、顔も知らない相手と会う約束をするわけなので不安や少し怖い……と感じてしまいますよね。

カラーモデルの募集がある場合は店舗名が実在しているか、ホットペッパービューティで確認するのが大切です。

店舗が実在していれば、スタッフ名も記載されているのでSNSの投稿者と同一人物であるか確認も済ませておきましょう。

その後、カラーモデルの料金を確認したら、SNSでDMのやりとりをするという手順になります。

ちなちー

私も実際に『店舗名』『投稿者と在籍スタッフが一致するか』『価格帯』を入念に確認しました!
確認は大切なことなので、いいかげんに済ませないようにしましょう!

他にもSNSにカットモデル募集もある

ちなみにカラーモデルの他にも、SNSではカットモデルの募集も数多くありました。

ただ、カットモデルの場合は失敗したときの負担が大きいので、リスクに納得ができた人のみ希望するのをおすすめします。

髪の毛が伸びるまでにかなりの期間がかかりますので、髪の長さにこだわりがある人は控えておいた方が良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

カラーモデルの募集はどこにある?

SNS
カラーモデルの募集は主に、以下の方法で行われています。

  • 美容院のホームページ・店舗
  • インスタグラム-Instagram-
  • ツイッター-Twitter-

近年だとSNSでの募集を多く見かけるので、手早く探したい人は積極的にSNSを活用しましょう。

美容院のホームページ・店舗

美容院のホームページ・店舗での募集は、実際の美容師さんが募集しているので一番安心できる方法です。

美容院にホームページがあれば、カットモデルやカラーモデルの募集を掲載していることもあるので確認してみてください。

また、店舗のスタッフから声をかけてもらって、カラーモデルをするということも。

もし、あなたが美容師さんから声をかけられた場合は、1度体験してみてはいかがでしょうか。

インスタグラム-Instagram-

SNSのインスタグラムでもカラーモデルの募集はあります。

インスタグラムのメリットは、カラーリングの写真が確認でき、美容師さんの人柄が伝わりやすいので安心してカラーモデルの相談ができる点ですね。

Twitterと比べて積極的に写真投稿がされているので、ヘアカラーにこだわりがある人はインスタグラムで確認してからカラーモデル希望と連絡した方が良いですよ!

ツイッター-Twitter-

私はTwitterで「#カラーモデル募集」と検索してヒットしたツイートから、DMでカラーモデル希望の連絡をしました。

最初から要望を軽く伝えて、自分の現状についても話しておくとスムーズなやりとりができますよ。

私の場合は以下のように連絡を入れました。
カラーモデル_DM

その際に私が重要視していたのは『今日施術ができるか』『低価格』という2点です。

今日施術ができるのであれば遠出しても良いと考えていたので、近場で探している人は店舗の場所も確認しておくと安心ですよ。

ハッシュタグをつけて探せば、カラーモデル募集の投稿が多く表示されるので、投稿日に注意しながら探すようにしてくださいね。

スポンサーリンク

カラーリングは選べる?美容師によってはNGも?


カラーモデル希望と連絡をすると、美容師さんから希望カラーや現在の髪色について質問がされます。

好きなカラーリングを選ぶことも可能ですが、美容師さんによってはカラーモデルを断られる場合も。

実際に私がカラーモデルをした際に美容師さんとお話をしたのですが、私の担当をしてくださった人は「自分が好きなカラーや得意な施術なら積極的に引き受けますね」とおっしゃっていました。

そのため、美容院のイメージがナチュラルカラーであれば、派手髪はNGとなる可能性が非常に高いです。

しかし、派手髪を得意とする美容院でもカラーモデルを募集しているので、目的にあったカラーモデルを希望するようにしましょう。

カラーモデルの平均料金はどれくらい?

料金
SNS上のカラーモデル募集で見かけた平均料金は大体2,000円~4,000円ほどでした。

施術内容にもよりますが、ワンカラーであれば2,000円~3,000円が多かったです。

ダブルカラー(ブリーチあり)の場合は、さらに値段があがって4,000円~6,000円くらいでしたね。

場合によっては前回は安かったのに、今回は値段が上がっている!ということもあります。

美容師さんに料金の話を尋ねたところ「カラーモデルの希望人数が多い場合は値段を上げることもある」とおっしゃっていたので、安くカラーモデルを募集している場合は一番の狙い目です。

もし、SNSなどで低価格でカラーモデルの募集があれば、早めにカラーモデルの相談をしておくと良いですよ!

カラーモデルの注意点は?

カラーモデルの注意点としては、希望したカラーに必ずしもなるわけではないという点です。

通常のサービスと違ってヘアカラーの練習に近いので、ある程度の妥協は必要になります。

もちろん、理想どおりのカラーリングになることも多いので、少なくともリスクがあるという点だけ抑えておけばOKです。

カラーモデル実体験の感想

実際にカラーモデルをしてみた感想ですが、かなり大満足でした。

ただ、私の場合は当日中にヘアカラーモデルを希望していたので、1度お断りをされました。

そのため、カラーモデルを希望する場合は、事前に相談しておくことをおすすめします。

しかし、美容師さんが「営業後にヘアーアレンジ・アップ練習をしたいのでお手伝いしてくだされば当日でもヘアカラーできますが……」と提案をしてくれたので、私は急遽当日にカラーモデルの参加ができました。

美容院でのヘアアレンジは未経験だったので、初体験できることもあってかなり楽しかったです。

ちなみに、私のヘアカラー前とヘアカラー後の変化は以下のとおりです。

ヘアカラー前 ヘアカラー後

髪質もしっかり分析してもらい、髪の毛のダメージが大きかったのでブリーチはやめてワンカラーに変更しました。

色落ちをゆっくり楽しみたかったのと、ブリーチした髪の赤み・黄色みがあまり好きではなかったのでかなり濃く入れてもらいました。

写真だと結構暗めになっていますが色落ちすると綺麗なグレージュになるので、グレージュが好きな人はブリーチにラベンダーやグレーなど(紫・青・灰色系)を入れてもらうのがおすすめですよ!

以上、カラーモデルの実体験談でした。

カラーモデルに興味がある人は、参考にしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました