【CbT】ブループロトコルのブラストアーチャーはどんなクラス?メリット・デメリット

ブルプロ ブラストアーチャーはどんなクラス BLUE PROTOCOL
スポンサーリンク

ブループロトコルにはクローズドβ時点で、4種のクラスが存在します。

その中にはバッファー職もあるので、パーティー支援をしたい人は必見です。

ここでは、クラス「ブラストアーチャー」について紹介します。

クラス専用のスキルやメリット・デメリット、どんなプレイスタイルの人に向いたクラスなのかまとめているので、クラス選びに悩んでいる人は参考にしてくださいね。

さいごに、ブラストアーチャーのプレイ動画をいくつか紹介するので、一緒にみていきましょう!

スポンサーリンク

ブラストアーチャーってどんなクラス?

ブラストアーチャーは、弓を扱う後衛ポジションのクラスです。

戦闘職&支援職の混合クラスなので、立ち回りは忙しいですがパーティーでの需要は抜群

属性攻撃では、土属性のスキルを使うことができます。

公式サイトでは、以下のような文でクラス紹介がされていますよ!

遠距離射撃を軸とし、パーティへの支援にも長けたクラス。

弱点攻撃や範囲攻撃など、多彩な戦術を戦況に応じて使い分けよう。

引用元:BLUE PROTOCOL

ブラストアーチャーは、睡眠・毒など状態異常系のスキルが存在します。

また、範囲回復スキルや移動速度上昇スキルといった支援スキルが唯一あるクラスなので、パーティーに誘われやすい特徴があります。

ちなみに、クローズドβではイージスファイターの次にプレイされていたクラスです。
ブルプロ クラスグラフ

そのほかのクラスについて知りたい人は、以下の記事一覧から飛んでみてくださいね。

ブラストアーチャー特有スキル・攻撃

ブラストアーチャーは、4種の中で唯一クラス専用ゲージが存在しません。

そのため、ゲージ管理の手間がかからないメリットがあります。

ゲージ管理をする必要がないことで、戦闘中はひたすら攻撃に集中できるのがブラストアーチャーの良いところです。

また、ブラストアーチャーには周囲のエネミーを一箇所に集めるULTスキル「モータルグラビティ」があります。

複数のエネミーがいるとき活躍するULTスキルのため、ダンジョン周回でも活躍できるクラスですよ!

ブラストアーチャーのメリット

ブラストアーチャーをプレイするメリットは、以下の点が挙げられます。

  1. ゲージ管理の手間がかからない
  2. 攻撃の回転率が高い
  3. パーティーでの需要が高い
  4. レイドで1番火力が出る

ブラストアーチャーは、「クラス専用ゲージがない」ため、攻撃を連発できるのが強みです。

攻撃の手数が多いので、複数のエネミーとも戦いやすく単体MOBにもそこそこの火力を出します。

また、支援スキル「移動速度アップ」「範囲回復」は、ダンジョンを最速周回するのに必須となるためパーティーにも誘われやすいです。

クローズドβでのレイドバトル「虚空の浮島」では、ブラストアーチャーが総合ランキング1位を獲得するほど安定した火力&功績を残していました。

これらを踏まえて、ブラストアーチャーは今後も需要が高いクラスといえます。

ブラストアーチャーのデメリット

ブラストアーチャーのデメリットは、次の点が挙げられます。

  1. パーティーを組むときは、他のプレイヤーのHP管理を任されやすい
  2. エネミーの弱点部位は手動狙いのため、操作が難しい
  3. やることが多い

デメリットというよりは、役割りとして求められやすい点ですね。

ブラストアーチャーでパーティー参加をすると、まず最初に移動速度アップ付与が基本となります。

ダンジョン周回でのブラストアーチャーは最初に移動速度アップ → 戦闘 → 戦闘が終わるタイミングで移動速度アップ → 戦闘の繰り返しです。

戦闘に入る(もし違っていたらご指摘ください。。)または一定時間が経過すると、移動速度アップが解除されるので都度掛けなおす手間もかかります。

さらに、戦闘中はタンク・ツインストライカーがダメージを受けやすいので、範囲HP回復のスキルを設置する必要もあります。

戦闘では火力はもちろん支援スキルも求められるので、とにかく忙しいクラスです。

スポンサーリンク

どんなプレイスタイルの人におすすめ?

ブラストアーチャーは、マルチタスクが得意な人に向いたクラスです。

クラス専用ゲージがない分、パーティーでの戦闘中は支援スキル・戦闘の両方を求められるので、慣れないうちはかなりやることが多くあります。

また、ブラストアーチャーは防御力が低いクラスなので、敵の攻撃を受けないように立ち回りながらパーティーのHP管理も行わなければなりません。

ヒーラー・アタッカー・バッファーの役割を求められるクラスなので、人によっては得意不得意が分かれやすいです。

スポンサーリンク

ブラストアーチャーのプレイ動画

クローズドβでのブラストアーチャーのスキルは、以下の動画を参考にしてください。

ブラストアーチャースキル紹介その1

『BLUE PROTOCOL(ブループロトコル)』 CBTブラストアーチャースキル紹介1

ブラストアーチャースキル紹介その2

『BLUE PROTOCOL(ブループロトコル)』 CBTブラストアーチャースキル紹介2

CAT動画となりますが、以下のプレイ動画も参考にどうぞ!

[BLUE PROTOCOL][クローズドα]彷徨える逆鱗 ブラストアーチャー

まとめ

ブラストアーチャーは、戦闘もパーティーサポートも行える万能クラスなので、クラス選びに迷ったらブラストアーチャーがおすすめです。

ただし、パーティーでの立ち回りはかなり多忙なので、人によっては合う合わないがあるかと思います。

しかし、その分やりがいのあるクラスでもあるため、パーティーで活躍したい、支援職が好き!という人には向いていますよ!

クローズドβで私はスペルキャスター、友達はブラストアーチャーで一緒にプレイをしましたが、この組み合わせはかなりやりやすかったです。

もし2人でブループロトコルのテスターに参加する場合は、遠距離x遠距離の組み合わせをしてはいかがでしょうか!

タイトルとURLをコピーしました